ピルの避妊の効果を上げるためには食後服用がいい?

ピルを飲む前に食事をする女性ピルとは女性が自分で自分の身体を守る、一番確実な避妊方法として挙げられるものです。避妊の失敗や犯罪によって引き起こされた妊娠などは女性側だけが肉体的にも精神的にも大きなダメージを受けることになります。日本でこの薬を飲むためには、医師から処方してもらうことが確実な方法であるといわれていて、医師による診察が必要な自費診療の枠組みの中にも入っているものになります。毎日服用することで効果が確実になるものですので女性にとって避妊のタイミングを選べるものであるということがいえるのではないでしょうか。またピルを服用するにあたって、どのタイミングで飲んだらいいかということを疑問に思う人がいます。ピルを飲むのに空腹かどうかというのは問題ではありませんので、食膳でも食後でも自由に飲んで大丈夫なものになっています。しかし飲み忘れてしまうと効果が出なくなってしまって、体調を崩すという人がいます。この体調不良の理由としては、ピルが女性のホルモンバランスなど調整する働きを持っていて、飲み忘れることによってこのバランスが崩れてしまうということにあります。よって薬を飲むのに空腹かどうかというのは関係ありませんが、食後に飲むか食膳に飲むか決まってないと飲み忘れてしまうという人はタイマーなどセットして決まった時間に薬を服用するようにすると忘れなくていいでしょう。また、服用し始めた時に軽い吐き気などの症状が出たという人は就寝前に薬を服用するようにすると、一日を無理なく過ごせるようになるはずです。ピルの効果には、避妊効果のほかにも、生理痛の軽減やニキビの改善などもしてくれます。しかし副作用がきついものでもあるので服用の際には自分で勝手に選んでしまうのではなく、ちゃんと医師に相談して服用するようにしましょう。以前は、20歳以上の人が使うものという薬でしたが、現在では20歳未満の未成年もこの薬を病院から処方されることがあるようです。もし服用するときには、自分の忘れない時間にアラームをセットするということ、その時間に薬を飲み忘れないことが重要になってきます。ホルモンバランスなども薬によって大きく左右されてしまうので服用期間中は食事もちゃんと摂るようにしましょう。近年では未成年でも避妊は重要視されています。他人事とは考えず、もし生理中の体調に不安がある人がいたら、参考にしてみてください。しかし最終的には自分の体のことですので近くの病院の医師に相談に行くのもいいのではないでしょうか。

関連記事